雨の日の日曜日の出来事


曇り空の日曜日の午後のことでした。
私は家事が一段落して、主人は平日の仕事の疲れをとる為にスマホを片手に寛いでいました。

主人は元々物事をひとつのことしか出来ず、それに集中してしまうと疲れがどっと出てしまったり、気を配ったりといった周囲に目を向けることが苦手なタイプです。
私はそのとき買い忘れた物があったことに気が付き、出掛ける事にしました。
その際、「○○(店名)に行って来るね、直ぐ戻ります」とは伝えました。主人は生返事をしたので聞いているのか聞いていないのかは不明でした。

玄関を出ると今にも雨が降り出しそうな空でした。
しかし店までは直ぐだったので、私は自転車に乗って出かけました。
買い物を済ませて店を出ると土砂降りの雨でした。おそらく通り雨ですぐ止むだろうとは思いましたが、やはり早く帰宅したい。私は軒下で困っていました。
その時、傘を持って主人がやってきました。驚きました。てっきり私が出掛けた事も忘れていただろうと思っていましたから。

本当にうれしかったことと同時に、もっと主人を信じようと思いました。